長崎県

平成29年度長崎県国民保護共同訓練の実施について


2017年9月8日更新

武力攻撃事態想定のもと、弾道ミサイルの発射・落着事案発生時における県及び市の対処能力の向上を図るとともに、国をはじめとする関係機関との連携体制を強化することを目的として、下記内容により訓練を実施しますので、お知らせします。

 なお、本訓練は、当初7月20日に予定されていたものです。

                 記

1 実施日時

  平成29年11月22日(水)10:30~16:00

2 訓練実施場所

  雲仙市多比良港埋立地周辺(実動)、長崎県庁新別館・雲仙市役所(図上)

3 主催者

  国(内閣官房、消防庁)、県、雲仙市

4 参加機関

  内閣官房、消防庁、長崎県、島原振興局、雲仙市、陸上自衛隊(第16普通科連隊、第4施設大隊、西部方面混成団、第7高射特科群)、海上自衛隊(佐世保地方隊、第22航空群)、自衛隊長崎地方協力本部、長崎・三池海上保安部、長崎県警察本部、雲仙警察署、県央・島原(組)消防本部、評価等支援(大分県、対馬市、佐世保市、防災科学研究所)             

                                                                     (計22機関)

5 訓練想定

  X国の「弾道ミサイル発射・落着事案」に対し、国・県・市が共同し、また警察・消防・自衛隊・海保等の関係機関が連携して初動対応にあたるもの。

6 主要な訓練時程

  ○10:30~12:00 【図上訓練】(Jアラート等の情報伝達、各機関への協力要請、対応方針の確立等、県・市等の対策本部の

                    初動対応)

  ○ 13:30~16:00 【実動訓練】(防災行政無線による屋内退避、情報収集、検知・除染、負傷者救助、広域避難等の関係

                    機関を含めた初動対応行動)

このページの掲載元

  • 危機管理課
  • 住所:長崎市江戸町2-13
  • 電話:095-895-2142
  • ファクシミリ:095-821-9202
先頭に戻る

メニュー