長崎県

熱中症に注意しましょう


2019年5月27日更新

昨年の夏も熱中症による健康被害が多く、上五島保健所管内でも重症となり救急搬送されています。
気温の高い日が続くこれからの時期に備え、注意をしましょう。

熱中症とは

温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状のことです。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合があります。

高齢者の方や小さなお子さんは特に注意が必要です。

熱中症予防のポイント

  • 部屋の温度をこまめにチェック
  • 室温28℃を超えないように、エアコンや扇風機を上手に使う
  • のどが渇かなくてもこまめに水分補給
  • 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策を
  • 無理をせず、適度に休憩を
  • 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを

熱中症を知って、しっかり予防し、楽しい夏を過ごしましょう。

詳細については、下記ホームページをご覧下さい。

このページの掲載元

先頭に戻る

メニュー