長崎県

土砂災害を想定した防災訓練(平成29年6月4日)


2017年6月5日更新

土砂災害に対する警戒避難体制の強化、防災意識の向上を図るためには実効性のある訓練が不可欠です。

地域住民同士が連携し訓練を行なうことで地域防災力の向上にも繋がります。

 

土砂災害を想定した防災訓練(平成29年6月4日 時津町)


 

 住民避難状況

 

 

 

 

 

 

 

 避難所である時津町総合福祉センターに住民の方々が避難している様子

 

避難者確認状況 

 

 

 

 

 

住民同士の連携が図られている地区は避難者の確認・報告といった作業がスムーズです。

 

訓練後の講習会

 

 

 

 

                                              

土砂災害について理解し、災害時に適切な行動をとれるようにみんなで勉強中。                                       

このページの掲載元

  • 砂防課
  • 住所:長崎県長崎市江戸町2番13号
  • 電話:095-820-4788
  • ファクシミリ:095-824-7175
先頭に戻る

メニュー