長崎県ホームページ


ここからこのページの情報です。

パンくずリスト(現在位置の表示)

長崎県文化財データベース エリアでさがす

西海橋

登録有形文化財
よみがなさいかいばし
指定年月日平成30年11月2日
所在地佐世保市針尾東町地先~西海市西彼町小迎郷地先
所有者長崎県
年代現代

saikaibashi.jpg


 西海橋は西海市の西彼杵半島の北端部と佐世保市の針尾島との間の「伊ノ浦瀬戸」に架かるアーチ橋である。
戦後の戦災復興事業として昭和25年に橋梁架設工事が始まり、昭和27年度からは有料道路制度を使い国の直轄事業として昭和30年に竣工した。総事業費は5億5千万円で建設当時は、アーチ径間243.7mは東洋一の長さで固定アーチとしても世界第3位であった。
 西海橋の立体的に変化するアーチ構造は橋梁形態を優雅に見せ、橋梁建設技術の高さを示している。
 また、西海橋の開通により、戦争の傷が癒えていない時代に地域の復興のため西彼杵半島へ陸路で人と物資の移動が可能になり、地域社会に劇的な経済効果を果たした。

ここまでがこのページの情報です。
ページの先頭へ

現在、スタイルシートが適用されていないため、 画面上のデザインは再現されていません。 スタイルシートに互換性のあるモダンブラウザのご利用をおすすめいたします。
ページの先頭へ